LPガス事業

凍結予防の対応について

凍結による給湯機器の破損(故障)予防のお願い

暖かい地域でも、機器や配管内の水が凍結して破損が起こることがありますので、以下をお読みいただき、必ず必要な処置をしてください。
機器は気温が凍結する温度に近くなると、凍結予防ヒーターや循環ポンプの作動などで凍結予防するため、電源プラグを抜かないでください。

給湯機器の凍結予防

 給湯機器の器具内の凍結予防ヒーターが、凍結の危険のある気温近くになると自動的に作動します。電源プラグを抜くと作動しないため、電源プラグは抜かないでください。(運転スイッチ「入・切」に関係なく凍結予防します。)

※給水・給湯配管や、給水元栓およびふろ配管などの凍結は予防できません。 必ず保温材または電気ヒータを巻くなどの地域に応じた処置をしてください。(わからないときは、販売店に確認してください。)

給湯配管の凍結予防

 低温注意報が発令されたときや、冷え込みが厳しいときは、給水および給湯配管や給水元栓の凍結を防ぐため以下の通水の処置をしてください。機器だけでなく、給水・給湯配管、給水元栓なども同時に凍結予防できます。

  1. 運転スイッチを「切」にする。
  2. ガス栓を閉める。(※1)
  3. おふろの給湯栓を開いて、少量の水(1分間に約400cc・・・太さ約4mm) を流したままにしておく。(※2、※3)

※1ガス給湯暖房用熱源機をご使用の場合で、不凍液をご使用でない場合は、ガス栓を開いたままにしておいてください。自動的に暖房運転(燃焼)し、暖房回路の水を温め、凍結を予防します。
※2サーモスタット付混合水栓の場合は、最高温度の位置に設定してください。 念のため、約30分後に再度流れる量を確認してください。 
※3サーモスタット付混合水栓やシングルレバー混合水栓の場合は、やけど予防のため再使用時の温度設定にご注意ください。

追いだき機能付きふろがまの凍結予防

 追いだき機能付きふろがまのふろ配管を凍結予防するためには、浴槽の水を循環アダプター上部より5cm以上ある状態にしてください。

※ポンプが自動的に浴槽の水を循環させて、凍結を予防します。
(ポンプが運転する音(ウーンという音)がします)
※水がないとポンプが空運転し、機器から大きな音が発生する場合があります。

  1. LPガス事業
  2. ガス事業部概要
  3. エリアマップ
  4. 料金について
  5. 保安点検
  6. 緊急時対応のご案内
  7. ガス停止時の緊急対応
  8. 地震の緊急対応
  9. 凍結予防の対応について
  10. 入転居手続きのご案内
  11. 太陽光発電システム
  12. 元気CARDプラス
  13. お問い合わせ
  • カーケアコンビニ
  • 富士の湧水
  • マイクロ・リペア
  • カーリース
  • カーオークション
  • レンタカー
  • オートガススタンド
  • WAONカード
  • キャンペーン・お得情報